【カメラ花火撮影】横浜の花火を一眼レフで撮影

こんにちは。そらまめです。

カメラと持つと一度は撮ってみたいなと思うのが花火の撮影ですよね!

私も、カメラを購入した年は撮影に行けなかったので、
1年越しぐらいでの撮影になりましたが、
先日、横浜で実施されていた花火大会に行っていきました。

横浜スパークリングトワイライト2019

私が行ってきた花火大会は
「横浜スパークリングトワイライト2019」です。

港とともに発展してきた街・横浜で、「海」と「港」の魅力を身近に体感できる新たな賑わいの場をつくろうと始まったのが「横浜スパークリングトワイライト」。

みなとみらい地区の夜景とベイブリッジのライトアップとともに、3,000発の花火が楽しめる。

神奈川県内での花火人気ランキングでは3位に位置する大きな花火大会の一つです。

会場には横浜の老舗の味がリーズナブルな価格で楽しめるシーサイドレストランやバー、アジア各国の多彩な飲食コーナーがオープンするほか、イルミネーションをまとった船も登場しています。

当日は、花火の前にたくさんのイベントが開催されています。

開催日は2019年7月13日、14日でした。

また、来年もやるとなると

2020年2019年7月11日、12日あたりになるのかなと思っています。

打ち上げ時間は約30分で今回は19:30〜20:00での開催でした。

今年(2019年)は13日はそれなりに天候がよかったですが、14日は曇り、雨の天候でしたので、

例年よりも来場者人数が少なかったのではないかと思います。

例年では約63万人が来場される大きなイベントの一つなっています。

会場は山下公園及びその周辺、公園前海上で実施されていました。

アクセスとしては、公共交通機関を使用するのが無難です。

その場合、桜木町か元町あたりで降りて会場周辺へ向かうと良いかと思います。

車で行く場合、当日はかなり混雑し駐車場もどこもいっぱいになると思います。

ですので、車で行かれる際は時間に余裕を持って早めに会場へ行くのが良さそうです。

花火撮影

花火の撮影方法は思ってるよりも難しくありません。

私が持っているOLYMPUS em5 であれば「ライブコンポジット」機能が備わっているので、

とても簡単に撮影ができます!

他の機種でも撮影方法はそこまで大きく変わらないと思います。

今回は、私が持っているOLYMPUS em5 の「ライブコンポジット」機能を使用しての花火撮影についてお話いたします。

ライブコンポジット機能については公式サイトをご覧いただけるとわかりやすいかと思います!

ライブコンポジット機能について

花火の撮影準備 ロケハン編

まず、花火の撮影をするに当たって大事なのは準備です!

最初にしなければいけない準備がロケハンです!

これは、初めて参加する花火大会であれば、どのあたりが撮影ポイントになり得るか事前に調査しておく必要があります。

また、花火の打ち上がりポイントからどのような構図で撮影したいかをイメージすることが大事です。

今ではインスタなども活用するといいでしょう。

インスタではすでに例年参加してpostしてるユーザーが多数いらっしゃいます。

その方々の撮影した写真を見て、google mapなどを駆使して調査すれば概ねの場所は特定できますし、イメージもしやすいです。

これは今年のものですが、ハッシュタグなどで検索をするとこうやって出てくるので、

どこが撮影ポイントになりやすいかわかりやすいのでインスタロケハンはとても便利なロケハンと言えますね!

花火の撮影準備 機材準備編

ロケハンを行い、当日そのエリアに到着したら機材を準備します。

花火撮影に必要な機材は下記になります。

  • カメラ
  • レンズ(遠い場合は望遠レンズ、広く撮りたい場合は広角レンズ)
  • 三脚

OLYMPUS em5 の「ライブコンポジット」機能を駆使して撮影する場合はこの機材だけで綺麗な花火が撮影できます!

同じ機種じゃないカメラの場合はプラスで「レリーズ」があると良いとされています。

レリーズはカメラ本体に手を触れずにシャッターを切れるツールです。

キャノンなどのカメラでは「バルブ」という機能があるので、
そちらに設定をして、レリーズを使用して撮影していくのがスタンダードな撮影方法となります。

花火撮影で必須になるのは三脚です!

様々な三脚がありますが、基本的には本体の重さに耐えられるしっかりとした三脚を用意するのが良いです。

値段の安さだけで三脚購入を決めてしまうと、
実際撮影しようとしたときにうまくホールドされず、三脚の意味がないものとなってしまいます。

ここはきちんと自分のカメラとレンズを見て判断してください

オススメのカメラ三脚

私がオススメするカメラ三脚はこちらです。

【ZOMEI Q666C 三脚・一脚可変式 カーボン製】

これは、カーボン製でかつ5段対応のためこれ一本で大体の撮りたい範囲はカバーできます。

また、本体質量は1.4kgと1kg未満ではないですが、

このサイズ感ではかなり軽量な部類だと言える一本です。

さらに雲台は自由雲台のため、横でも縦でも撮りたい角度での撮影が可能です!

【TC2335 K&FConcept カーボン製】

こちらは、先ほどと同様のカーボン製で5段 全高134.8cm とこちらも概ね撮影範囲はカバーできると思います。

また、重量は先ほどよりも軽く840gと1kg以下という軽量さを兼ね備えています。

また、雲台は先ほど同様の自由雲台となっています。

ただし、こちらは先ほどの三脚よりも20cmほど高さが低いという点がマイナスポイントかなと思います。

実際に私が使用している三脚はこちらです。

【KF-TM2324 K&FConcept アルミ製】

こちらは、先ほどの三脚異なり、アルミ製となっています。

アルミ製も軽量ではありますが、カーボンほどの丈夫さは無い分、コストを抑えることができます。

こちらの三脚は自由雲台で、全高156.0cmと一番最初の「ZOMEI Q666C」とほぼ同等の高さまで伸ばすことができます。

重さは1.4kgなので先ほどの三脚とほぼ同じですね。

違う点は

  • 収納時の高さが37cmか41cm
  • 積載質量が10kgか12kg
  • アルミかカーボン

の3点ぐらいの差かな思います。

今僕が初めて三脚を買う立場だったら間違いなく

「ZOMEI Q666C 三脚・一脚可変式 カーボン製」

を購入しますね!

花火の撮影準備 カメラ設定編

さあ、ここまできたらあとはカメラ自体の設定方法を決めるだけです!

まず、撮影モードをマニュアルモードにします。

シャッタースピードは一番遅い「ライブコンポジット」に設定。

F値の設定はF8〜10ぐらいを目安に一番良さそうなものを設定しましょう。

isoは三脚があるので200で十分です。

花火は実際、かなりの光を持っているので問題なく撮影できます!

最後にピント調整ですが、オートフォーカスは外して、
マニュアルフォーカスに設定をしましょう!

シャッターを切るタイミングでオートフォーカスがかかると変なところにピントが合うこともあります。

横浜スパークリングトワイライト2019の花火撮影

さて、上記を踏まえて実際に撮影したのがこちらです。

初めての花火撮影でしたが、個人的にはうまく行った方かなと満足しています。

また、花火を撮影するタイミングがあれば撮影したいなと思っています。

今回撮影にしようした機材はこちら。

今度は望遠での撮影も試したいなと思っていますー。

【最強のカメラバック】NYA-EVO FJORD (ニア・イーボ フィヨルド)

こんにちは。そらまめです。

前回、カメラバックのおすすめはピークデザイン!?という記事を書きました。

カメラバックのおすすめはPeak Design(ピークデザイン)!?

ピークデザインのカメラバックはスタイリッシュでそれなりに量も入るので重宝しているのですが、
カメラも続けているとレンズが増えたりと、ピークデザインでは少しキツくなってくるタイミングがあります。

今回は、カメラバックで大容量のしかもデザイン性に優れて、機能性も抜群なカメラバックを紹介します。

それが、北欧デザインのカメラバッグのNYA-EVO FJORD (ニア・イーボ フィヨルド)です。

NYA-EVO FJORD (ニア・イーボ フィヨルド)とは?

NYA-EVO (ニア・イーボ ) は北欧でデザインされたカメラバッグブランドで、
もともとは、海外クラウドファンディングKickstarterで始まり、見事に資金調達を成功させました。

日本へは2018年に上陸しています。
その時、登場したのがメラバッグ「FJORD (フィヨルド) 36」になります。

そして、月日は流れ3年が経ち、2019年6月に登場したのが

FJORD(フィヨルド)60-Cになります。

今回はこのFJORD(フィヨルド)60-Cについてお話ししますー!

FJORD(フィヨルド)36とFJORD(フィヨルド)60-Cの違い

違いは単純に容量が36Lに対して60L入るという点が大きく違います!

画像を見るとわかりやいすいですが、左が36L、右が60Lになっています。

また、カラーサイズもいくつか展開されています。

大きく違う点としては、FJORD(フィヨルド)60-Cにはカメラバック上部にロールトップ方式での収納スペースがあります。

FJORD(フィヨルド)のカメラバックシステムについて

FJORD(フィヨルド)のカメラバックは、36L、60LどちらもカメラのインナーにRCIというカメラを区切るための箱のようなものが存在しています。

このRCIもサイズがS,M、Lとあり、この3サイズは36L、60Lどちらでも使用することができます。

使用した時のイメージとしてはこのような感じです。

このような感じで、RCIのS,M、Lサイズごとで空き容量が変わってきます。

拡張ポケットは前部と上部に新しく設定されていて、上部はロールトップ方式のため使いやすく、耐水性も抜群で、収納スペースも広くとても重宝します。
FJORD(フィヨルド)60-Cの一番の魅力は、なんといってもその収納力で、RCI-Sでは空きスペース80%、RCI-Mでは空きスペース60%、RCM-Lでも空きスペース40%を確保しています。

これが、FJORD (フィヨルド) 36の場合、
RCI-Sでは空きスペース60%、RCI-Mでは空きスペース40%、RCM-Lでも空きスペース20%を確保となります。

FJORD(フィヨルド)60-Cの魅力

キャリーオンバックである

FJORD(フィヨルド)60-Cの「C」はキャリーオン(機内持ち込み可能な手荷物サイズ)の意味を持っています。
『FJORD60-C』は44L・52L・60Lの三段階で拡張して使用することができます。
※乗車する航空機によっては機内持ち込みができない場合もあるのでここは注意が必要です。

カメラ機材の仕切りの自由度の高さ

先ほど、FJORD(フィヨルド)のカメラバックシステムについてお話ししましたが、
このRCIのカメラ機材の仕切りはかなり自由に仕切りを作ることができます。

RCISでのパッキングイメージ

RCIMでのパッキングイメージ

RCILでのパッキングイメージ

私は今回は
RCIのLサイズを購入しましたのでイメージとしては最後になりますね。

実際購入した時についてくる仕切り系はこちらになります。

結構ありますよね!実際仕切りを作っても少し余ります!

実際私も余りました。w

頑丈で丈夫な作り

実際に触って感じたのは本当にしっかりとした作りになっています。
バックの外枠部分にはアルミニウムフレームが入っており、中身がない状態でも自立します。

また、素材面もかなり丈夫な素材を使用しており、撥水仕様+防水性抜群のYKKジッパーを採用しています。
ただ、完全防水ではないためカメラバック購入時にバック内にレインカバーが入っています。

圧倒的に収納力・大容量

まず、カメラバックで60Lを探してみてください。

おそらく、そうないと思います。
私も探しましたが60Lのカメラバックは見つかりませんでした。

60Lのバックパックなどはあっても、カメラバックはなかったのです。

そう考えると、このFJORD(フィヨルド)60-Cは本当に大容量だなと思います。

実際にみてみると、収納スペースがかなりあります。

これは、前面のフロント部分を開けた時の収納スペースです。

ポケットもたくさんあり、ここの一番奥の部分にはPCなども入れることができるようになっています。

そしてここは、カメラ部分とフロント部分の間にある収納エリアです。

メインの収納スペースとしてはここになるかなと思います。

ここにはカメラ機材系とはまた別のものを収納できるようになっています。

服なども入れることはできるでしょうし、カメラ機材の小物系も入れておくことは十分にできますね。

写真では台があるように見えますが、これはカメラ収納部分に入れている仕切りがここまであるため、そのように見えています。

ここは、中に入れるサイズをLからMやSに変えることで、ここの収納スペースも大きく変わるかと思います。

そして、60Lのバックにしかついていない、ここのスペース!

これがあることでさらに荷物を入れることが可能です。

広げると割と大きく、着替えなら2泊程度なら問題なく入れられそうです!

どうでしたか?

多数のポケットに、しっかりとした収納スペースがありましたよね!

実際ここ全てを使用することは滅多にないと思いますが、
これだけの収納スペースがあれば、カメラ機材や動画機材から、
ノートPCにバッテリー群、数日間の着替えや、飲食類も入れておくことができる代物だと思います。

FJORD(フィヨルド)60-Cの購入方法

FJORD(フィヨルド)60-Cは現在はクラウドファンディングは実施されていないです。

しかし、海外サイトではきちんと販売されてますし、日本への配送もしてくれています。

海外からの取り寄せのため、配送料が高くなってしまうのが残念ではありますが、

日本での正式販売までにはまだまだ時間はかかりそうですので、
こちらのカメラバックが欲しいなという方は、海外サイトから購入を検討してみてはいかがでしょうか?

こちらのサイトから購入可能

ちなみに、私が注文してから届くまで1週間程度で届きました。

届いた時はこのような大きな袋に入ってきました。

外の袋は海外からきてるだけのことはあって傷が多数ありましたが、
肝心の中身のバックには傷ひとつなく、綺麗に梱包された状態で手元に届きました!

ピークデザインとFJORD(フィヨルド)60-Cの比較

以前紹介したピークデザインのバックは30Lでしたので、

今回購入したFJORD(フィヨルド)60-Cと比べると、

その容量はまさに倍!!

バックの大きさも倍か?と言われるとそうでもなかったです。

比べると大きさの差はあるものの倍というレベルではないかなと思いました。

これが、ピークデザインとFJORD(フィヨルド)60-Cを正面からみた時の比較になります。

続いて、横から見た場合はこちら。

横で見ると厚さが違うのがよくわかりますね!

高さもやはりFJORD(フィヨルド)60-Cが高いですね!

ピークデザインのカメラバックは30Lですので、日帰りやどこかに軽く撮影に行こうかなという時には

ピークデザインのカメラバックを使用しようと考えています。

少し長めの旅行や、カメラとドローンを持って出かけると考えた場合では、

ピークデザインのカメラバックだと少し小さいので、入りきらないことがあります。

そんな時は今回購入したFJORD(フィヨルド)60-Cが活躍する時だと思います。

最強のカメラバック

最強のカメラバックは個人的には状況に応じて変わるものだなと思っています。

日帰りやちょっと出かけて写真とるぐらいの感じだったら、

ピークデザインのカメラバックが最強だと思っています。

30Lも入るのでこのレベルなら問題なく使用できますし、デザイン面もバッチリです!!

しかし、数日宿泊する場合や、ドローンも一緒に持ったり、

カメラ機材以外の荷物が多いという場合には、ピークデザインのカメラバックではなく、

FJORD(フィヨルド)60-Cを使用するのが一番だと思っています!

こっちは完全にどこか旅行か荷物の多い時用ですね!

カメラバックは2つになりましたが、それぞれ使用用途が異なるので、2つあってもいいものだと思っています!

FJORD(フィヨルド)60-Cが気になった方はぜひ、サイトに訪れてみてください。

きっと、欲しくなりますよ!w

FJORD(フィヨルド)60-Cのサイトをみてみる