【おすすめのイヤーピース】SONY ワイヤレスイヤホン

こんにちは。そらまめです。

以前、ソニーのワイヤレスイヤホンを購入してのレビューのお話をお伝えしました。

SONYの最強ワイヤレスイヤホンレビュー

今回は、そのソニーのワイヤレスイヤホンをさらにもっと自分好みにカスタマイズできないか、
イヤーピスをいくつか試してみたので、その中でおすすめのイヤーピースをお伝えします。

イヤーピースの種類

ダブルフランジ・トリプルフランジ

音質を最優先したいのであれば、イヤーピースの形はダブルフランジ・トリプルフランジがおすすめと言われています。
イヤーピース自体が2段・3段になったもので、遮音性がさらに高まり、ワイドレンジで音楽を楽しめます。
ただし耳の奥まで入れるため、フィットさせるにはコツが必要となり、ぴったりと合っていないものは違和感を覚えることもあるため、快適さよりも音質重視の方におすすめです。

こちらのトリプルフランジは高さがあるため、完全ワイヤレスのイヤホンでは充電する際、
ケースに収まらないため、私はこちらは選択はしませんでいたが、
通常のイヤホンであればオススメの一つになります。

ウレタン素材のイヤーピース

ウレタンはスポンジに似て、多くの人の耳にフィットしやすい素材です。
イヤーピースの中では最も付け心地が軽く、長時間の使用でも耳が痛くなりにくいのが特徴と言えます。
イヤホンの使用時間が長い方や、クラシックミュージックなど長時間の再生に相性が良いと言えます。
シリコンタイプよりも密閉性は高いのですが、汚れが付着しやすいことが難点。耐久性も低いので、交換する必要があります。

こちらは今回は試していないですが、遮音性が高いと評判なので次回購入を検討したいなと思っています。

低反発ポリウレタン素材のイヤーピース

遮音性とフィット感に優れているのが低反発ウレタンタイプ。
シリコンピースの溝を低反発ウレタンで埋め、ノイズをシャットアウトする仕組みで、最新型のイヤーピースとして採用されることが増えてきました。

こちらは実際に購入して使用してみたので、後ほどどうだったかをお伝えしたいと思います。

シリコンタイプ素材のイヤーピース

シリコンは、多くのイヤホンにあらかじめ付属しているタイプ。
柔らかい素材なので耳にフィットしやすく、耐久性が高いのも特徴です。
フィット感の高さゆえ低音域の迫力が行き、ロックやクラブミュージックなどオススメと言えます。

こちらも実際に購入して使用してみたので、後ほどお伝えしたいと思います。

ソニーワイヤレスイヤホンにおすすめのイヤーピースとは?

ソニーの完全ワイヤレスで使用するイヤーピースには前提としてクリアしない条件があります。

それは、充電ケースにきちんと収まること。になります。

完全ワイヤレスのイヤホンは使用していない状況の時は、充電ケースに入れておきますが、
その際、イヤーピースの高さがきちんと充電ケース内で収まる高さ以内にしなければいけません。

そんな条件をクリアしたイヤーピースで私が実際に使用したイヤーピースのおすすめをお伝えしたいと思います。

Comply(コンプライ) Truly Wireless

Comply(コンプライ) Truly Wireless は完全ワイヤレスイヤホンに合うように設計されたイヤーピースとなります。

サイズ展開はMのみで、高さが他のイヤーピースより圧倒的に低いのが特徴で、

イヤーチップの長さを従来のものより短くすることで、さらに外耳道の奥に入りやすく、外れにくくなり、より耳にフィットし、湿気、汗、耳垢からイヤホンを守る汗ガード付きも嬉しい機能の一つと言えます。

しかし、こちらの商品は私の耳とは相性が合いませんでした。

まず、サイズがMサイズのみで、実際つけてみると少し小さい状況でした。

また、耐久性がかなり低く数回使用したところ、イヤーピースのクッション部分が剥がれてしまいました。

耳の穴が小さい方にはぴったり合うかもしれませんので、

もし、耳の小さい方がいましたら使用検討してみてもいいのかなと思います。

SONY トリプルコンフォートイヤーピース

SONYのトリプルコンフォートイヤーピースは、WF-1000XM3を購入したら付属で付いてくるイヤーピースの一つになります。

3種類の素材を組み合わせたバランスの良さが特徴のイヤーピースで、

2種類のシリコンゴムと独自開発のシリコンフォームが、遮音性の高さと疲れにくさを両立しています。

また、水洗い可能なのできれいに保つこともできます!

実際に使ってみると確かに長時間使用していても圧迫感はなく、

遮音性にも優れているイヤーピースの一つかなと思います。

私はM or L を使用していますが、

Lの方が結構密閉されてしっかり耳の穴を塞ぐ感覚がありますが、Mは耳の奥にまで入ってくれます。

私の耳ではこのMとLぐらいの間があるとちょうど良さそうだなと感じました。

SONY ハイブリッドイヤーピース

SONYのハイブリッドイヤーピースは、密閉性に優れていて、装着すると耳にぴったりとフィットし、高い遮音性があります。

耳へのフィット感で言えばこちらのイヤーピースが一番かと思います。

ただ、長時間つけているとトリプルコンフォートイヤーピースに比べると多少耳への負担はあるかなと思います。

しかし、通勤時間の1時間程度でしたら全然問題ないレベルだと思いまいます。

サイズはSSからLLまで展開されているため、あらゆる耳へ対応できるので、自分にあったイヤーピースが見つかるのではないかと思います。

また、こちらは圧倒的なコスパ!!が魅力の一つとも言えます。

おすすめイヤーピースの比較

  • Comply(コンプライ) Truly Wireless
  • トリプルコンフォートイヤーピース
  • ハイブリッドイヤーピース

今回こちらの3つのイヤーピースを紹介していますがぞれぞれの比較を軽くしたいと思います。

右から

Comply(コンプライ) Truly Wireless
トリプルコンフォートイヤーピース
ハイブリッドイヤーピース

こうやって高さを見比べると、圧倒的にComply(コンプライ) Truly Wirelessが低いことがわかります。

Comply(コンプライ) Truly Wirelessは高さが低い分、耳の奥にまで入り込みますが、

他二つと比べて密閉感は弱いイヤーピースになると思いました。

他二つは密閉性はComply(コンプライ) Truly Wirelessよりも高く、

耳へのダイレクトさも程よくあるかなと感じました。

完全ワイヤレスイヤホンにおすすめのイヤーピースのまとめ

ここまで実際に私が使ってみたイヤーピースをお伝えしましたが、

正直、どれも無音にできるほどの遮音性はなく、

電車などのアナウンスは聞こえますし、風等がある場合は風の「ゴー」という音も聞こえます。

ノイズキャンセリング機能が高いとは言え、ヘッドホンとは違い耳を全て包むわけではないので、

やはり、少なからず雑音は入ってくるのがイヤホンのデメリットかなと思います。

そんな中、イヤーピースを変えると劇的に変わる!というレビューをみますが、

私が求めてる部分ではイヤーピースを変えても劇的に大きく変わることはなかったですが、

少なからず、イヤーピースによって音質は変わるのがわかりました。

今回、使用した3つのイヤーピースに順位をつけてみます。

第3位 Comply(コンプライ) Truly Wireless

正直、私の耳には合いませんでした。

という点で3位です。

実際は、こちらのイヤホンが一番高いですし、素材等にもこだわりなどがあるとは思いますが、

耳に合わなければ何も意味をなさないのです。

私にとっては3位でしたが、耳がきちんと合う方であれば、1位にもなりうるイヤホンかなと思います。

第2位 SONY トリプルコンフォートイヤーピース

SONYのトリプルコンフォートイヤーピースを1位にしようかなと迷ったのですが、こちらは2位としました。

理由としましては、私の耳に完全フィットするサイズ感がなかった点が大きな要因です。

製品としてはかなりクオリティは高く、遮音性に優れており、長時間使用が可能とメリットはたくさんあるのですが、

やはりどんなイヤーピースでも自分自身の耳にフィットしなければ意味がないんだなとも気付かされました。

第1位 SONYのハイブリッドイヤーピース

SONYのハイブリッドイヤーピースを1位としました。

理由は、自分の耳に完全にフィットしたことです。

他のイヤーピースはそれぞれ機能としては申し分ないものでしたが、

自分の耳に合わなければその機能を発揮仕切れなかったというのがあります。

ハイブリッドイヤーピースは他イヤーピースと比べてもかなりコスパが良く、

サイズ展開が豊富にあるので、色々な方にマッチするかなと思っています。

私が今回試したイヤーピースではハイブリッドイヤーピースが一番しっくりきました。

オススメはそれぞれありますが、私はハイブリッドイヤーピースをオススメします!