iCloudの写真はオフで写真は全てGoogleフォトにまとめよう

こんにちは。そらまめです。

最近、身内でもiPhone買い換えた人がいるんですが、

その際に聞かれるのが「iPhoneの容量一杯で、写真ってどうしてる?」というものでした。

「なんてことだ!」とびっくりしました。

わざわざ、iCloudの容量増やしてる方もいたので、

「そんなことせんでええんやよ!」ということを伝えます!

iCloudの写真はオフにしましょう

まず、iPhoneの 設定からiCloudに行きます。

iCloud の中にある 写真へ行きます。

iCloud写真がオンになってる方は、オフにしましょう!

iCloudの容量は大体が写真を占めています。

オフにすることで、iCloudの容量は一気に削減できます。

実際、私のiCloud容量は5Gで事足りています。

1.5Gだけ使ってますね。

Googleフォトアプリをダウンロードしよう

iCloud写真をオフにできたら次は、

Googleフォトアプリをダウンロードしましょう!

こちらからダウンロードできますよー!
↓↓↓↓
Google フォト – Google, Inc.

Googleフォトアプリをダウンロードできたら、アプリを起動します。

このような画面になると思うので、ログインしてバックアップを押します。

アラート画面が出ますが、続けるを押します。

その後、gooleアカウントでログインして、画面案内通りに進むと、

iPhone端末にある写真をアップロードし始めます。
※この時、wifiに繋がっていない場合はアップロードされません。
(設定変更でwifi未接続でもアップロードはできます)

アップロードが完了すると画面上部にメッセージが出てきます。

こうなったら、端末内にある写真は全て消しても大丈夫です。

全てGoogleフォトにアップロードされているので!

Googleフォトを使えばiCloudもiPhone端末容量も削減できる!

ここまでの流れを実行すれば、

iPhone端末の容量やiCloudの容量を大幅に削減することができますね!

これにより、端末容量が足りなくなるということもおそらくなくなるでしょうし、

iCloudの容量を追加してお金を払っていた方も、払わずに済むようになると思います。

Googleフォトでの注意点

Googleフォトは基本無料・無制限アップロードが可能ですが、

これは、「アップロードサイズ」を「高画質」にしている場合です。

ここで言ってる高画質とは、

写真のサイズが16MP(16メガピクセル=1600万画素)を超える場合は縮小され、動画の場合は1080pを超える場合は縮小されます。

ただ、これでも十分綺麗な画質になります。

ものすごい画質にこだわっている人でなければ、

高画質で不満になることはまずないと思います。

Googleフォトの使用例

基本的なGoogleフォトの使用例としては、

1,iPhoneで写真をとります。

2,家に帰ってきてiPhoneがwifiに繋がっている状態でGoogleフォトを開きます。

3,自動的にアップロードが始まります。

4,アップロードが完了したらiPhone端末にある写真を消します。

これが、基本的な使用例になります。

Googleフォトのいいところ

Googleフォトはアプリもあれば、PCでも使用が可能です。

ですので、iPhoneで撮影した写真をGoogleフォトにアップしておけば、

PCで見たり、編集したりすることも可能になります。

GoogleフォトアプリでiPhone写真の容量を抑えるまとめ

  • iCloud写真はオフにする
  • Googleフォトに定期的にアップロードする
  • Googleフォトにアップロード済みの画像はiPhoneから削除する

これにより、iPhoneとiCloudの容量を抑えつつ、写真はいつでも好きな時にみれたり、ダウンロードできたりする状態になります。

皆さんも良い写真ライフを〜