YouTube Music Premiumを使ってみた感想

こんにちは。そらまめです。

YouTube Music Premium は単体で利用可能ですが、

既にGoogle Play Musicの有料会員であれば、追加料金なしでYouTube Music Premiumの利用が可能となります。

ちなみに、「YouTube Premium」と「YouTube Music Premium」は似ていますが、異なるサービスとなります。

YouTube Music Premium のサービス内容

YouTube Music Premium の料金は月額980円。

受けられるサービスとしては、

  • YouTube Musicアプリで広告なしの再生
  • バックグラウンド再生(他のアプリ利用中でも音楽を再生し続ける)

が利用可能。

また、Google Play Musicを既に利用している方は、

追加料金なく YouTube Music Premium の利用が可能なので、

お試しでアプリをダウンロードしてみて、サービスを体験してみてはどうでしょう。

YouTube Musicを使ってみた

YouTube Musicをダウンロードするとこのよう画面が出てきます。

この画面、中央にある使ってみるを押すと次に好きなアーティストを選択する画面に進みます。

この画面で好きなアーティスをどんどん選択していきます。

私も、結構な数のアーティストを選択しました。

選択を終えると次の画面に遷移します。

遷移した画面では自分が選択したお気に入りのアーティストのを自動的にまとめた「マイミックス」が出来上がっています。

これを選択すると、お気に入りのアーティストから自分好みの音楽が選択され流れてきます。

私はこれを聞いた時、「あー、自分に割とあってるなー」と感じました。

また、好きなアーティストの動画チャンネルなどがyoutubeにあるとそこからそのアーティストのチャンネルにいけます。

私は「星野源」が好きなんですが、

このアプリをそれをきっちり理解してるのかちゃんと出てきてたので、「星野源」をタップしてみると

星野源のチャンネルにあるPVが表示されます。

ここらか、アイディアのPVをタップすると、そのままPVが流れ始めます。

これは、通常のyoutubeと同じですね。

ちょっと違うのが、画面右上にyoutubeアイコンが出てきます。

これは、触っていたら出てきた画面ですが、このように音声だけにすることも可能で、音声だけにした場合は、

このように、動画は停止して音声だけ聞くことが可能です。

また、アプリをバックグラウンドで流したままにできたり、オンラインの時に音楽をDLしておけばオフラインで聞くことができたりと色々と機能が備わっています。

YouTube Musicの感想

私は、Google Play Musicの有料会員なので、追加料金なしでそのまま使えるので使ってみましたが、

Google Play Musicにもない音楽を聞けたりするのは一つメリットだなと感じました。

ただ、音楽を聞くということであればGoogle Play Musicで十分だなという印象です。

しかし、PVをみながら音楽を聞きたいという場合には重宝するなというイメージです。

というのも、私の場合はYouTube Musicを使っていても広告が一切出てこないので、youtubeアプリでPVをみるよりははるかにYouTube Musicの方がいいです。

Google Play Musicの有料会員出なくてもYouTube Music自体は使用可能なので、試してみるはありかと思います。