私がマイクロフォーサーズを選んだ理由

こんにちは。そらまめです。

私は以前、一眼ミラーレスを買いましたという話をしました。

OM-D E-M5 Mark II 買いました。

その後のレビューについても書きました。

OM-D E-M5 Mark II 買って1ヶ月のレビュー(ミラーレス一眼購入レビュー)

そして、買ってからそろそろ半年が経とうとしています。

私はカメラに関しては初心者でした。

そんな中、なぜセンサーサイズの小さいマイクロフォーサーズを選んだのかという話をしたいと思います。

カメラ選びの最初にやったこと

私が一眼ミラーレスを買って何に一番使うか?

どんな場面で使うか?使いたいか?を考えた時に一番に浮かんだのは

iphoneのように手軽で綺麗な写真を撮りたい!

これが、一番でした。

ですので、私の一番求めたのは

  • 手軽さ(操作の簡単なもの)
  • 持ち運びの良さ(軽量、コンパクト)
  • 手ブレ補正の高精度

この部分が一番でした。

そのような、使用場面や使用用を考えた後にどんなカメラが私に合っているんだろうか?と考えました。

友人はフルサイズの一眼ミラーレスを使用

私の友人もカメラを持っていてよく撮影に行きますが、友人が持っているのはソニーのフルサイズモデルのものです。

私はそのカメラを持った時に

「でかい!重い!」と思ってしました。

しかし、これも慣れだと思います。

実際、友人はそのフルサイズのカメラをなんともないように使っていましたし。

フルサイズのカメラを貸してもらい使ってみると、残念な点もありました。

それは、

「チルト液晶」だったのです。

私が買ったマイクロフォーサーズのOM-D E-M5 Mark IIは「バリアングル液晶」になります。

チルト液晶やバリアングル液晶についてはこちらを参考にしてください

チルト液晶やバリアングル液晶について

私はチルト液晶よりはバリアングル液晶の方が使い勝手が良いので、そいう意味でもフルサイズを選択はしなかったのです。

E-M5 Mark IIの性能

マイクロフォーサーズとセンサーサイズは小さいながらも多くの機能で

APSやフルサイズのカメラを上回る性能を保持していると私は感じています。

  • 世界最高性能の5軸手ぶれ補正搭載
  • 小型防塵・防滴ボディーとレンズシステム
  • 高速なシャッタースピード
  • ライブコンポジット機能搭載
  • インターバル撮影&4Kタイムラプスムービー

と、たくさんの良い機能が備わっています。

センサーサイズ主義の方から見たら、マイクロフォーサーズなんて選ぶ価値ないだろ!と思われる方もいるかも知れないですが、

カメラ初心者であれば、マイクロフォーサーズでも十分だなと感じます。

世界最高性能の5軸手ぶれ補正搭載

まず、初心者であれば「簡単に綺麗な写真を!」と思う方が多いかなと思います。

そんなとき、一番厄介なのが手ブレです。

すごくいいシーンでも、手ブレによって最高の瞬間を逃してしまうこともあります。

しかし、E-M5 Mark IIには最強と言えるほどの手ブレ補正機能が備わっているので多少の手ブレならまず、ブレた写真が撮影されることはありません。

小型防塵・防滴ボディーとレンズシステム

カメラは精密機械なので、水や塵などには十分気をつけなければいけないですが、

E-M5 Mark IIには「防塵・防滴ボディーとレンズシステム」があるため、他のカメラと比べて雨の日でも多少濡れたりしても平気というタフさを持っています。

また、レンズ交換などもそこまで気にしせずに交換をサクッとできてしまうという強さもあります。

さらに、「-10℃耐低温性能」もついているから、寒い場所でも撮影可能というモンスターのようなカメラです。

しかし、センサーサイズが小さいマイクロフォーサーズなので見た目は、ものすごいコンパクト!!

高速なシャッタースピード

E-M5 Mark IIはハイエンド一眼に多く採用されている1/8000秒の高速メカニカルシャッターを搭載しています。

動きの速い被写体の撮影に適しているだけでなく、明るい日中でもNDフィルターを使わずに大口径レンズを開放から楽しむことができるというメリットもあります。

飛行機やスポーツなどの撮影もこのカメラでこと足りてしまいます。

ライブコンポジット機能搭載

ライブコンポジット機能は、よくある星空の線形写真や、花火、車のレーザー写真などが簡単に撮影できる機能です。

本来であれば、シャッターを等間隔で落として、撮影した数百枚以上の写真をあとで編集ツールを使って、比較合成を行うのが一般的ですが、

この、ライブコンポジットを使うことで、撮影しながら比較合成を行ってくれるので、仕上がりの写真は1枚になりますが、編集の手間が減ります。

実際に私がライブコンポジット機能を使って撮影した写真はこちらです。

花火や星空はまだ撮影したことないんのでレーザーしかないですが、

こういった写真も初心者で簡単に撮影できる機能がついているのは嬉しいですね。

インターバル撮影&4Kタイムラプスムービー

インターバル撮影&4Kタイムラプスムービー機能は、タイムラプス撮影って一定の感覚で写真を撮影し続けるんですけど、

そのあと、その写真をつなぎ合わせて一つの動画にする必要があるんですけど、

E-M5 Mark IIにはそのタイムラプス撮影後、設定をしておくと4kの動画も一緒に出力してくれる機能も備わっています。

私は、何度か試しで使ってみましたが、動画にする設定が柔軟ではないので、

タイムラプス撮影に関しては、通常の撮影後自分で後から編集を行い、タイムラプス動画を作成するようにしています。

マイクロフォーサーズが良い理由

ここまで、マイクロフォーサーズの話やマイクロフォーサーズのE-M5 Mark IIの機能や性能のお話をしてきました。

私はカメラは初心者でしたし、正直何が一番良いのかなんてわかりませんでした。

しかし、私が求めていた、

  • 手軽さ(操作の簡単なもの)
  • 持ち運びの良さ(軽量、コンパクト)
  • 手ブレ補正の高精度

これを十分に対応してくれるのがのE-M5 Mark IIのマイクロフォーサーズでした。

写真の画質も十分ですし、コンパクトで持ち運びはしやすいですし、

何より、手ブレがほとんど起きないです!!

また、E-M5 Mark IIは使い勝手の良い操作性にも優れていると思います。

センサーサイズも確かに大切だと思いますが、カメラ初心者の私にはE-M5 Mark IIのマイクロフォーサーズミラーレス一眼が一番合っていました。

初心者の方で、私と同じようなことをカメラに求めているのであれば、

私は確実にE-M5 Mark IIをお勧めします!!