薄毛(禿げ)は遺伝で決まってしまうのか?

こんにちは。そらまめです。

皆さんは髪の毛はフサフサですか?

そうじゃない人は、ものすごく悩みますよね。

私の父は薄毛(禿げ)です。
父の父、私の祖母も薄毛(禿げ)です。

私も、そうなると思っていました。

しかし、30代になった私にはまだその時は来てないです。

そもそも、薄毛(禿げ)は遺伝だけでしまってしまうのか?

そんな、疑問があったので調べつつ、私が薄毛(禿げ)にならないようにしていることとをお話しします。

薄毛(禿げ)は遺伝で決まってしまうのか?

薄毛と遺伝の関係性

結論からいうと、薄毛と遺伝には深い関係があります。なかでもAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛は、遺伝する確率が25%程度あるといわれています。つまり4人に1人が遺伝する確率になります。

やっぱり、遺伝は関係あるんですね。
しかし…

“薄毛の可能性”が遺伝したところで、必ずしも薄毛になるわけではありません。また薄毛の原因が遺伝ではない可能性もあるのです。

ほう!
遺伝だけが原因ではないということですね!

薄毛の遺伝子は誰から受け継がれるのか

男性の場合X染色体は母親から、Y染色体は父親から受け継ぎます

ほうほう。
なるほど。なるほど。

つまり男性が持つX染色体は母方の父と母、両方の遺伝情報を受け継いた染色体となるのです。
母方の祖父が薄毛であれば、母親を通じてその遺伝子を引き継いでいる可能性も十分に考えられます。

なるほどー。
父親だけじゃなく母親の父親も関係してくるのかー。

転用元

どういう状態だと薄毛(禿げ)になりやすいのか?

薄毛(禿げ)になる原因

テストステロンと5αリダクターゼが結合したDHT(ジヒドロテストステロン)が原因とされています。
『5αリダクターゼの活動が高いと、テストステロンと結びついてハゲの原因となるDHTになる確率は高くなる』考えられるので、父や『母方の祖父』がハゲていればあなたがハゲてしまう確率は高くなるといえます。

なるほど。
この、DHT(ジヒドロテストステロン)が原因でこれは父や母親の父親の状態で自分がどうなるかある程度見えるわけですね。

私の場合、冒頭で話しましたが、父方は薄毛(禿げ)ですが、母方の父はフサフサでした。

これが、影響して私はまだその時を迎えてないのかもしれません。

ちなみに、母親に父親がいつ頃から薄毛(禿げ)になったかを聞いたら20代後半にはもう…

という話だったので、私はそのラインは超えてるので、もしかするとこのまま薄毛(禿げ)にならずに済むかもしれません。
しかし、これは遺伝だけの話ではないのです。

薄毛(禿げ)への覚悟と頭皮への疑問

私は父親の姿をみて、自分もこうなるんだなと覚悟していました。

しかし、できるならそれを回避したいとも思っていました。

そんなことを思い始めたのは高校生の頃。
今から10年以上前になりますね。

そんな時、髪を洗っていて気になったことがあったんです。

それは、「頭皮の皮脂」

若いというものあったと思いますが、皮脂がすごく出ていた記憶があります。

髪を洗った後に頭皮を軽く爪でサッサとかいてみると、爪に皮脂がついてました。

私をそれみて、「今頭洗ったのに、落ちてない!?」

そんなことがあって、頭皮をもっときちんと綺麗にしたいと思ったんです。

髪ではなく頭皮を洗うを意識する

高校生の頃、そんなことがあって以来、私は髪を洗うのではなく頭皮を洗うように意識しました。

また、その頃から使っているものがあります。

それがこれです。

これは、頭のクレンジングです。

女性だとメイク落としでクレンジグオイルなどを使いますよね。

それと同じで、シャンプーする前にこれで頭皮の汚れを綺麗にします。

その後に、シャンプーをすると頭皮にあった皮脂がきれいに無くなっています。

私はこれを使いづづけたから!というわけではないですが、
これを使っていることで頭皮を綺麗に保てて、今尚薄毛(禿げ)という状態にはなっていないかなと思っています。

薄毛(禿げ)への悩みのある方へ

私もすごく悩んでましたし、そうなると覚悟を勝手にしてましたが、
現在は薄毛(禿げ)という状態ではないですし、そこに関しての悩みもそこまでありません。

遺伝だからと諦めてしまう前に、頭皮を綺麗に保つことをしてみてはどうでしょう。

また、今は医療も進んで遺伝を調べたりなども手軽にできるようですので、
より詳しいことを知りたい方は、遺伝子検査などもやってみるといいかもしれませんね!