バルミューダー炊飯器を使い続けた感想

こんにちは。そらまめです。

先日、「BALMUDA The Toaster」についての記事を書きました。

バルミューダのトースターは本当に美味しいのか

そのタイミングで、炊飯器を買い換えていて、
その時買ったのは、「BALMUDA The Gohan

また、バルミューダか!と思った方もいますよね。

私も、バルミューダで揃えようとは思ってなかったのですが、気づいたらそうなっていました。

買って、使用し続けていますが、結論としては

めっちゃ美味しいお米が食べれる!!

だけど、弱点もあるのでそのあたりも踏まえて話をしたいと思います。

なぜ、BALMUDA The Gohanを買ったのか?

私が購入を検討している時期は、BALMUDA The Toasterが世に出て名が知れて、

ちょうど、New product として BALMUDA The Gohan が販売され始めていました。

私は自炊はするので、お米は美味しいふっくらしたものが食べたいなと思っていました。
また、BALMUDA The Toasterを手に入れていたのでデザインがいいものがいいなと思っていました。

予算は5万程度でいいのがないか探していました。

そんな、タイミングでこのBALMUDA The Gohanに出会ったんです。

しかし、他にも検討している製品はありました。

バーミキュラ

バーミキュラはいいなと思ったんですが、予算的に厳しく私の中からは除外しました。

しかし、製品としてはレビュー評価も高く、次買い換えるタミングあればこちらの商品もアップデートされていると思うので検討したいなと思っています。

Wおどり炊き

Wおどり炊きもは候補の一つでした。

正直、これにしようかものすごく迷った結果、
デザイン的にWおどり炊きではなく、BALMUDA The Gohanを選んでいました。

購入の決め手は

  • 予算
  • 美味しさ
  • デザイン

で私は選んでました。

BALMUDA The Gohanの感想

私は硬めのお米が好きだったんですが、BALMUDA The Gohanを使用してからは、

水をそのまま線のところまでいれると思ったよりも硬めに仕上がってくるので、

最近は少し水を多めに入れて食べていますが、

ものすごくふっくらして美味しいです。

ただ、BALMUDA The Gohanには大きな弱点があります。

それれは「保温機能がない」ことです。

大抵の炊飯器にはついている機能の「保温」ですが、

この、BALMUDA The Gohanにはそれがありません。

無いとどんな影響が出るかと言うと、

そのまま放置してしておくとお米がパサパサになってしまいます。

保温機能があることで、水分を保ちつつ、お米の美味しさを劣化しにくいようにしてくれていますが、

BALMUDA The Gohanにはそれが無いので、

炊いて、食べて余ったらすぐにラップまたはタッパーなどに入れて、

冷凍保存するということが必要になります。

しかし、それ以外に関しては申し分無いと思っています。

味にこだわりたい場合はBALMUDA The Gohanでは無い方がいいかも知れません。

今だと、これが一番評価が良いようです。

極め炊き

値段はちょっと上のランクになってしまいますが、
ご家族がいる場合には5.5合というのも魅力の一つかも知れませんね。

BALMUDA The Gohanは3合炊きなので独身であれば十分です。

最後にBALMUDA The Gohanでつくるごはんのレシピ

BALMUDAのサイトではレシピを公開しています。

すごく美味しそうなレシピがたくさんあるので、見ていても楽しいです。

今晩のレシピの参考にも良さそうです!

ごはんのレシピ