洗濯物の臭い対策方法

こんにちは。そらまめです。

梅雨の時期や冬の寒い時期などは、

部屋干しすると生乾きで匂いが臭いということがありますよね。

私は数年前までは、この悩みに悩まされていましたが、今では全くこの悩みに直面しなくなりました。

そんな、嫌な生乾きの匂いを簡単に解消する方法があります。

ポイントは

  • 洗濯終了から干すまでのタイミング
  • 使用する洗剤

この2ポイントを抑えるだけで、嫌な生乾きの匂いに悩まされなくなります。

洗濯終了から干すまでのタイミング

洗濯機に洗濯物を入れて、洗剤を入れてあとは放置。

基本的にはこれが洗濯する時の流れですよね。

皆さんは、洗濯し終えたあとどれぐらいの時間そのまま洗濯機に放置していますか?

洗濯したあと、水分がたんまり溜まっている洗濯機の中に洗濯物がずっと放置されていると、

そこで、臭いの元になる菌が繁殖します。

これが、いわゆる生乾き・半乾きの原因になる一つです。

ですので、洗濯機を回してから洗濯が終了したら、時間をおかずすぐに取り出して洗濯物を干すようにしましょう。

生乾き臭を抑える洗濯洗剤

洗剤もたくさん色々種類が出ていて、今では昔ほど生乾きや半乾きの心配がないかもしれません。

ここでは、私が使っていて生乾き・半乾きしていない洗剤をを紹介します。

洗濯洗剤ですがアリエールのリビングドライジェルボール3Dを使っています。

これのいいところは

  • 部屋干し用
  • 洗剤液での液だれなどの心配がない
  • 手軽(一つ洗濯機に入れればいいだけ)

という点が良いですね。

また、こちらはお得な詰め替え用もあるので、
私は、追加で買うときはこちらを買っています。

次に、洗剤と一緒に入れているものがあります。

これの効果があることで、生乾き・半乾きを解消できてると私は思っています。

ワイドハイターEXパワーになります。

これは、漂白剤の一つですが、嫌な匂いを抑えてくれる効果も備わっています。

私は、選択する際にこれをキャップ一杯分入れるようにしています。

そして、最後に好きな匂いを洗濯物に。

という点と仕上がりをふんわりに。

ということから柔軟剤のおすすめです。

私が愛用しているのはランドリンになります。

これは私が好きな匂いで、匂いがキツすぎず洗濯物の柔らかい匂いをまとってくれます。

昔は レノアハピネスのクラッシーフローラルを使っていましたが、

仕上がりではそこまで匂いをまとってくれず、私の中でそこまでだったので使用をやめました。

洗濯物の生乾きを起こさないまとめ

洗濯物の生乾きを起こさないようにするには下記の点が重要です

  • 洗濯が終わったらすぐ干す
  • 部屋干し用洗剤を使用する
  • 酸素系漂白剤を入れる
  • 好きな柔軟剤を入れる

この点を抑えるだけで、きっと生乾き・半乾きは解消されると思います。

これから、一段と寒くなってきて部屋干しが多くなると思います。

嫌な匂いとはここでおさらばしましょう!!