北海道のニセコでスキーするならツアーがおすすめ

こんにちは。そらまめです。

私は冬になると雪山に行きスノーボードをしますが、

学生の頃はできるだけ安く、

格安でいける国内のバスツアーなどを探して東京は新宿から朝発や夜発をよく利用してゲレンデに行っていました。

若い頃はバスツアーでも全然平気だったのですが、

年齢を重ねていくと、バスツアーがだんだんと疲れてきますw

そんなとき、ふと北海道でスノーボードするのもありだなと思い始めました。

それから、5年ほど毎年北海道のニセコでスノーボードをしているので、

北海道スキーツアーの話や、ニセコのゲレンデ情報などをお伝えします。

北海道スキーツアーはANAで行っています

2018年〜2019年シーズンではこちらにツアーラインナップがあります。
ツアーラインナップ

私も2019年2月にanaのスキーツアープランの「ANAスカイホリデー」で行きました。

2019年版では「ANAスカイホリデー」の中でも

いくつかツアープランがありました。

  • 今だけDon!スキー&スノーボード北海道
  • 今が旅ドキ!スキー&スノーボード北海道
  • SKI&SNOWBOARD北海道

ツアー内容に大きな差はないですが、

多少、それぞれに特徴があるようです。

他にも「JTB」や「JAL」などでも同様のツアープランはありますが、

私はANAが好きなのと、ここのツアープランを体験して満足度が高いので、

北海道のスキーツアーはANAのツアープランでいくようにしています。

また、行くときは北海道旅行も兼ねて、ニセコでスノーボードを満喫しています。

北海道ニセコゲレンデについて

ニセコのゲレンデは3つのゲレンデが連なって大きな山1つとなっています。

ニセコのリフト券は全山券があるとすべてのゲレンデで滑れるようになります。

もちろん、ゲレンデごとのリフト券も存在するため、

宿泊直結のゲレンデだけで十分という方は、全山券は購入せずにゲレンデごとのリフト券を購入すると良いと思います。

ただ、全山券は3つのゲレンデとナイターも滑り放題なので値段の割にお得感はあります。

北海道ニセコゲレンデ直結のホテル

ニセコのゲレンデ付近には多くのホテルがあります。

その中でもゲレンデ直結のホテルが多数存在します。

先ほど、ゲレンデが3つ存在するとお伝えしましたが、

ゲレンデごとにホテルを紹介しましょう。

ニセコグラン・ヒラフスキー場

ホテルニセコアルペン


ホテルニセコアルペンはゲレンデ直結の東急グループホテルです。
ニセコ連峰を望む絶好のロケーションに恵まれ、極上のパウダースノーでスキーやスノーボードを満喫できます。
また、館内には岩盤浴やボディケアなどの様々なリラクゼーションもあり、遊んで疲れた体を癒してくれます。

ホテルニセコアルペンの詳細をみる

湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭


湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭はゲレンデに直結してるホテルです。
ニセコの大自然に囲まれた湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭はニセコ天然温泉の露天風呂と、ニセコの旬の味覚満載、50数種類のグルメバイキングが人気です。
客室は羊蹄山側と高原側に分かれ、和室やツイン、和洋室などあり、
露天風呂付き客室からは、羊蹄山を望むことができます。
湯元ニセコプリンスホテルひらふ亭の詳細をみる

木ニセコ


木ニセコは2014年に創立され、ニセコグラン・ヒラフスキー場のメインリフトに直結してるホテルです。
木の香り漂う館内は、ミネラル豊富な天然温泉、貸切風呂、スパも楽しめ、お部屋からは羊蹄山やアンヌプリの絶景が広がります。
レストランは地元食材を盛り込んだ絶品グルメを堪能できます。
スキーやスノボを楽しむのにとっても便利な宿です。
木ニセコの詳細をみる

綾ニセコ


綾ニセコはグランヒラフの麓に位置し、ゲレンデへと直結するスキーイン・スキーアウトを可能にした最高の立地。
日本百名山に選定される羊蹄山の景勝を望み、世界が注目するスキーリゾートで最高のロケーションに位置するコンドミニアムホテル。
客室はリビングダイニングやキッチン付きで、ゆとりある滞在空間で長期滞在などにも利用できます。
綾ニセコの詳細をみる

ニセコビレッジスキー場

ヒルトンニセコビレッジ


ヒルトンニセコビレッジは、ゲレンデ直結でスキーイン・スキーアウト可能なリゾートホテルです。
ゴンドラ乗り場も目の前にあり便利です。
暖炉のある落ち着いた雰囲気のロビー、ゆとりあるモダンな客室で、ニセコの大自然が広がる部屋や羊蹄山を一望する部屋もあり、温泉は大浴場や露天風呂があります。
ヒルトンニセコビレッジの詳細をみる

ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ


ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジはゲレンデ直結しているリゾートホテルです。
ゴンドラ乗り場も近くにあり、このゴンドラを利用することにで他のゴンドラやリフトが利用しやすくなっています。
北海道ならではの食材を使った贅沢な食事、源泉かけ流しの天然温泉、心身を癒すスパを体験できます。
ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジの詳細をみる

ニセコアンヌプリ国際スキー場

ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ


ニセコノーザンリゾート・アンヌプリは、アンヌプリスキー場のゲレンデに直結しているリゾートホテルです。
北欧の香り漂う館内では、山海の地産地消グルメや天然温泉、エステ等が楽しめます。
冬は、上質のパウダースノーを体験できます。
ニセコノーザンリゾート・アンヌプリの詳細をみる

今回はニセコにある3つのゲレンデそれぞれに直結しているホテルを紹介しました。

どのホテルゲレンデ直結のため、スキーやスノーボードをするにはとても便利なホテルとなっています。

私は「ヒルトンニセコビレッジ」と「ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ」のホテルがお気に入りです。

それぞれ、ゲレンデが異なり、

「ヒルトンニセコビレッジ」ではニセコビレッジスキーリゾートが直結で、

「ニセコノーザンリゾート・アンヌプリ」ではニセコアンヌプリ国際スキー場が直結しています。

北海道スキーツアーがおすすめな理由

私が実際に北海道のニセコでスノーボードをする際に利用しているのがツアーです。

北海道スキーツアーがおすすめな理由としては、

  • 格安でいける
  • 旅行予約が楽
  • ツアーでも自由度が高い

この辺りから、個別で予約するよりもメリットが多いためです。

ツアーなら格安で行ける

スキーツアーなら航空券や宿泊場所にリフト券など、

旅行に関わる必要な予約などが全てパッケージ化されている分コストが抑えられて、

個別で予約するよりも格安で行くことができます。

私はだいたい4泊5日で全て込みで10万弱で行くことが多いです。

旅行予約が楽

格安で行けるところとつながりますが、全てがパッケージ化されている分、

それぞれで予約することなく一つ予約すると全て完了するので、

その点もすごくメリットになります。

ツアーでも自由度が高い

ツアーだから自由度が低いかと思われますが、そうでもありません。

実際にスキーツアーでは、

4泊5日の日程で、1日目〜3日目まではニセコで過ごし。

4日目に札幌に移動して札幌宿泊の5日目帰路という日程も組むことができるため、

自由度が低いこともないと思います。

北海道のニセコでスキーツアーのまとめ

北海道のニセコのゲレンデは本当にパウダースノーで、

関東圏のゲレンデとはやっぱり違います。

また、ゲレンデ直結のホテルに宿泊することで、移動もなく快適にスキーやスノーボードを楽しめます。

そんな、北海道でスキーやスノーボードをするなら断然スキーツアーがおすすめです。

個人的にはスキーツアーでのデメリットはないので、「格安」で「手軽に」ということであれば、

北海道スキーツアーでニセコのゲレンデを体験してもらえればと思います。